近畿矯正歯科研究会−A.O.R.K−

73名以上
23社以上
歯科医師
協賛企業

なぜ歯が動くの?

歯と歯の周りにある骨(歯槽骨)の間には歯根膜というクッションのような組織があります。
歯に矯正力が加わると片側の歯根膜は伸び、反対側の歯根膜は圧縮されます。
圧縮された方の骨がなくなり(吸収)、反対側の伸びた方のすき間に新しい骨が作られます(再生)。
吸収と再生を繰り返し、結果として歯が動いていく(移動)のが歯列矯正のしくみです。

近畿矯正歯科研究会大会事務局
Copyright (C) 1982- 近畿矯正歯科研究会 All Rights Reserved.