近畿矯正歯科研究会−A.O.R.K−

73名以上
23社以上
歯科医師
協賛企業

時間が掛かるんでしょ?

原則的に小児矯正(第1期治療)は約1?2年行い、その後生えかわりや成長発育の観察を続けて、成人矯正(第2期治療)を約1?2年で行い、安定させる期間(保定期間)を約2?3年行います。
初めから成人矯正(第2期治療)に入る場合は動的治療が約2?3年で、保定期間が約2?3年かかります。
症例によって異なるので、初診相談でよく説明を受けて下さい。

近畿矯正歯科研究会大会事務局
Copyright (C) 1982- 近畿矯正歯科研究会 All Rights Reserved.