近畿矯正歯科研究会−A.O.R.K−

73名以上
23社以上
歯科医師
協賛企業

近畿矯正歯科研究会 第40回記念大会

開催日程:2022年9月11日(日)
開催場所: ホテルモントレ グラスミア大阪

動画(2分56秒)

近畿矯正歯科研究会 第40回記念大会

ダウンロード(PDF)
40回大会近畿矯正歯科研究会

 

スケジュールダウンロード(PDF)スケジュール

 

症例展示(配布用)ダウンロード(PDF)スケジュール

第9回矯義説堂

2022年5月29日、第9回矯義説堂は盛況のうちに、終了いたしました。多数のご参加を賜り、誠にありがとうございました。次回の第40回記念大会は2022年9月11日を予定しております。引き続きのご愛顧を宜しくお願い申し上げます。

 

参加方法

事前申し込みは終了いたしました。当日ご参加でお待ちしております。

【振込先】
りそな銀行 千里丘支店
普通口座 0277865 近畿矯正歯科研究会

症例ファイル作成

症例ファイル指定の用紙はダウンロードしてお使い頂けます。作成方法はこちらをご参照ください。

ダウンロード
症例記録フォーム【@表紙 H症例の概要 Iまとめ】(word) 【Fセファロ分析】(excel) 【A閲覧者リスト】(PDF)

特別講演1

佐々木猛

佐々木 猛 先生

総合治療における矯正治療の有効性

特別講演2

石濱孝二

石濱 孝二 先生

外科的矯正治療の有効性と注意点について

スタッフ教育講演

高橋治 高橋未哉子

高橋 治 先生

高橋 未哉子 先生

口腔筋機能療法(MFT)の効果的な取り入れ方

ミニセミナー

布川 隆三 先生

矯正歯科治療革新的矯正装置 Maxillary keletal Expander 実際

橋場 千織 先生

側貌評価について

山田 尋士 先生

3D データを用いた矯正診断

有島 常雄 先生

著しいガミースマイルと口唇前突を伴ったII級不正咬合治療例

常盤 肇 先生

Unusual extractionを再考する
―抜歯部位とSustainable oral conditionについてー

堀内 淳 先生

大臼歯予知的な近心移動を達成する

スタッフセミナー

中川 学 先生

スタッフセミナー コーディネーター

中川矯正歯科・ティースビューティ矯正歯科

おもてなし(患者さんサービス)って大事!みんなの診療所はどうしてるの?

小室歯科・矯正歯科 近鉄あべのハルカス診療所

当院で行っている舌訓練(MFT)について

しげなが歯科・矯正歯科

矯正治療中、カリエスの見落としをなくすために

40周年記念大会実行委員長

津田 敬子

40周年記念大会実行委員長

矯正治療をご検討の皆さまへ

協賛・賛助企業

矯正治療の解説、料金、費用の目安、地域の矯正歯科医院など、矯正治療を検討の皆さまへオススメ情報をお伝えします。

お住まいの地域から検索できます

北海道・東北
宮城県

関東甲信
東京都 千葉県 神奈川県

北陸
富山県 石川県 福井県

東海
岐阜県 愛知県

近畿
大阪府 兵庫県 京都府 奈良県 滋賀県

中国
岡山県 山口県

九州・沖縄
福岡県 宮崎県

 

矯正歯科医師と協賛企業のご案内

協賛・賛助企業

歯科、矯正歯科において活躍されている企業のご案内です。当研究会においても、技術向上を図る現場を支援して頂いております。

近畿矯正歯科研究会の活動概要

近畿矯正歯科研究会では、多くの会員を有する事で、テクニック、治療目標、治療方法などについて様々に会員同士で意見交換をして頂けます。当研究会で得られる事は、日々の治療に役立ち、充実した治療結果に繋がる事と考えます。 これから各学会で認定医の取得を目指す先生も、すでに認定医を取得された先生も、是非とも当研究会で症例を呈示して頂き、技術向上を図って頂ければと願います。

ご挨拶<大会長:永田裕保>

永田裕保 

会員の皆様、新年あけましておめでとうございます。本年もよろしく御願いいたします。


令和4年度より近畿矯正歯科研究会会長をさせて頂きます永田裕保でございます。就任にあたりご挨拶申し上げます。

当会との最初の関わりは、30年ほど前に黒田康子先生のお供としてビジター参加させていただいた事です。矯正治療の勉強を始めたばかりであった私の印象は、『会に参加するために自分の症例を毎年持ってくるのは大変だな。偉い先生がおられるんだな。』という別世界の感じでした。

現在、顧問でご活躍の土屋先生は学生時代のライターであり、何度かお誘いいただいたことがございましたが、開業してから雑用に忙殺されていた事もありサボっておりました。

縁があって5年ほど前、久しぶりに参加させていただきましたところ、思いもよらないことに、『黒田康子賞』を頂きました。サボらずに勉強しなさいとの啓示を受けた様な気もします。2年ほどでこっそりフェードアウト予定でしたが、いつの間にか副会長になり、今年から会長をさせて頂くことになりました。

私よりも入会年数が長くて実力もある先生方がたくさんおられる中での就任ですので、とても恐縮しておりますが、依頼を受けたからには会の発展の為にできる限り尽力させて頂きます。ご協力よろしく御願いいたします。

私の会長任期中に、40周年記念大会がございます。この大会を成功に導くために、2つの事を考えました。

1つは今年度のメインテーマを『包括的歯科治療における矯正治療』とし、幅広い先生に興味をもって来ていただく事です。もう1つは、役員限定の勉強会であった『矯義説堂』を今年度に限り公開勉強会とし、近畿矯正歯科研究会という会の存在を広める広報活動を行う事です。

近畿矯正歯科研究会の伝統を基礎とし、発展させていきたいと考えております。ご支援、ご鞭撻、よろしく御願いいたします。
近畿矯正歯科研究会大会事務局
Copyright (C) 1982- 近畿矯正歯科研究会 All Rights Reserved.